ローンが残っている時の車の売却方法

車買取,茨城県,ランキング

 

 

 

 

家族は増えたので車を乗り換えたいのだけれど....
急な車の買い替えで車を売りたい時、車のローンが残っていると車って売れないかしら?


 

 

車の売却を検討している方でこちらの方のようにまだ自動車ローンを支払い中の方も多いかと思います。

 

 

車を購入する時、カーディーラーや中古車販売店などで自動車ローンを組む方も多いと思います。

 

車の購入時にローンで購入した場合、自動車の所有権はローンの支払い者ではなく
ローンを組んだ信販会社
となります。

 

※こちらの確認方法は、車の引渡し時に渡される車検証の所有者欄を確認すると、ローン会社の明記がございますので一度ご確認ください。

 

 

そしていざ売却の際、所有権がローン会社の場合は車の売却はできません。

 

車の売却には所有者の印鑑証明書が必要となります。

 

そのため、所有者となっているローン会社に”所有権の解除”を依頼する事になりますが、ローン会社から所有権の解除手続きをするには、支払い中のローン残債を一括して支払うことが必須条件となります。

 

 

どうしたら売却できる?残債ありの車の売却について

 

上記の説明にある通り、ローンを支払い中の車は、所有者がローン会社となるため、”所有権の解除”が必要となることがお分かり頂けたかと思います。

 

しかし所有者ローン会社の場合でも、車の高価買取が可能な場合は、ローン残債と買取を行った金額の相殺で精算することも可能となります。

 

 

例.1
ローン残債が80万円の場合

 

車の買取金額が120万円となった場合は、

 

120万-80万=40万

 

この場合は、なんと40万円を受け取る事ができます。
※もちろん、ローンがない場合は、120万円がまるまる手元に残ります。

 

例.2
ローン残債が80万円の場合

 

車の買取金額が75万円となった場合は、

 

75万-80万=−5万

 

この場合は、買取額がローン残債を下回ってしまうため、ローンに買取額を充当したとしても5万円が足りないため、手
持ち金5万円を支払い、精算する形となります。
万が一5万円の持ち出しが難しい場合は、5万円をローン残債として残りの支払いを継続していきます。

 

 

上記の例から分かる通り、車はローンが残っている場合でも買取金額がローン残債を上回る事ができれば、売却が可能となります。
そのため、車の売却にはとにかく高価買取が必須条件となります。

 

 

車買取,茨城県,ランキング

 

車買取,茨城県,ランキング

 

>>とにかく高価買取希望なら!ランキングが絶対おすすめ!<<

 

 

トップへ戻る