車にかかる税金のすべて

車買取,茨城県,ランキング

 

車は日常生活や仕事を行う上で欠かせない便利な乗り物ですが、購入したり利用するときには様々な税金がかかってきます。

 

 

 

 

まず購入するときには、”自動車取得税と消費税”がかかってきます。

 

 

自動車取得税は、新車や中古などに関係なく取得金額に応じて課税されていますが、50万円以下であれば免税になっています。

 

 

用途により自動車の取得税は変わってきます。

 

 

消費税は他の品物を購入したときと同じように、取得金額に応じて、その時の法で定められた消費税の支払いをしなければなりません。

 

 

そして保有してからは、”自動車重量税と自動車税”がかかります。

 

 

毎年4月1日の時点で所有者に税金を支払うように定められています。

 

 

乗っていなくても所有しているだけで税金はかかりますから、これから乗る予定がないのであれば手放すことによって税金の支払いを節約することができます。

 

 

重量税の税率は市町村によって多少納税額が変わってくるものの、種類や検査期間などによってそれぞれ定額に規定されて、車検を通すときにおさめる税金になります。

 

 

同じメーカーで同じ種類であっても、装備に違いにより重さが違ってきますから、納税額も変わってきます。

 

 

税金はエコカーなどの車種により、優遇制度を受けることができ、全額免除になったり一部免除になることがあります。

 

 

 

ハイブリッドカーなどは国が定めた燃費基準よりも高く達成できているのであれば、免除の率が高くなるので購入する前に確認しておくことをおすすめします。


 

 

 

車買取,茨城県,ランキング

 

>>車の売却を検討中なら比較サイトがおすすめ!<<


トップへ戻る